アドセンスのルールは絶対!

アドセンスはどのようなサイトでも、好きなように広告が貼れるわけではありません。アドセンス利用者、広告主、ユーザーのそれぞれにメリットがもたらされるように「ルール」が存在します。ルールを破れば、最悪アカウント停止ということになり、アドセンスができなくなってしまいます。

今回は特に気を付けなければならない点についてお話したいと思います。

自己クリック

ご存知の通り、アドセンスは広告をクリックされることで報酬が発生するシステムです。ただしこのクリックは、ユーザーにされることであって、決してサイトオーナー(あなた)がクリックして良いというわけではありません。決して自分でクリックするということの無いようにして下さい。

クリックを誘導

自分でクリックするのではなくても、ユーザーに対してクリックを誘導する行為もNGです。ラベルを付ける場合は「広告」「スポンサードリンク」とし、「お得な情報!」「お勧めサイト」など、広告かどうか分からないような表記は禁止されています。

もちろん「クリックして下さい」とお願いするのもダメですし、直接的にクリックをお願いしなくても、「この団体は広告収入によって運営されています」というような間接的なものもダメです。ボランティア団体でこのような表記を見かけることが多いので、間接的なお願いでもNGであることを理解しておきましょう。
ラベルの表記

コンテンツ

またアドセンスでは、どのような内容のサイトでも広告を掲載できるわけではありません。例えば下記のようなサイトはアドセンスを貼ることができませんので注意が必要です。
禁止コンテンツ

これらは禁止されているコンテンツの一部です。プログラムポリシーガイドブックによると「自分の子供、もしくは近所の子供たちに見せても倫理的に問題のないコンテンツであるか」ということを基準にコンテンツを考えてみることです。

さらに注意して頂きたいことがあります。作成したコンテンツが問題なくても、例えばユーザーからのコメント等で、禁止コンテンツに触れる内容が記載されると、それが引っかかってしまうことがあります。もしブログ等でコメントの書き込みができる状態の場合は、コメントの内容を確認するようにしましょう。

長期的にアドセンスで収益を上げていく為には、しっかりルールに従うことが重要です。ルールに従いより良いアドセンスライフを過ごしましょう!

ルールは変更されることがありますので、定期的にAdSenseポリシーを確認することをお勧めします。ポリシーはこちらからご覧になれます。

サイト内検索

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright© 2013 アドセンス実践会 All Rights Reserved.