WordPressの“more”部分にアドセンスを入れる方法

どの部分にアドセンスを表示させるかというのは、収益アップに欠かせないポイントです。ヘッダー部分や記事下部分が効果的であることはご存知の通りです。ユニット広告は最大3つまで設置可能なので、ヘッダーと記事下以外の部分の配置で困っているのであれば、記事の途中に入れてみるのはいかかがでしょうか?

特にモバイル向けサイトの場合は、広告を配置する場所が限られているのでヘッダー部分や記事下部分しか配置していないという方も多いですね。モバイル向けであっても設置可能数はPCと同じなので、記事途中に配置することで最大数設置してしまおうというものです。

でも記事に毎回広告コードを入れていくのは超面倒な作業です。今回はブログシステムのWordPressで、“more”タグを入れた部分にアドセンスを表示させる方法を紹介致します。

方法は簡単で、下記のコードをテーマのfunctions.phpに追加するだけ!

// moreにアドセンス
add_filter(‘the_content’, ‘adMoreReplace’);
function adMoreReplace($contentData) {

$adTags = <<< EOF スポンサードリンク
ここにアドセンスコードを入れる。

EOF;

$contentData = preg_replace(‘/<\/span>/’, $adTags, $contentData);
$contentData = str_replace(‘

‘, ”, $contentData);
$contentData = str_replace(‘

‘, ‘

‘, $contentData);

return $contentData;
}

注意点としては、記事途中にアドセンスを入れた場合、広告上部に「スポンサードリンク」など広告である旨を必ず入れておきましょう。

またモバイルの場合、画面に2つ以上の広告が表示されるのはポリシー違反になってしまいますので、ある程度コンテンツの量があるページのみにmoreタグを入れた方が良いでしょう。

サイト内検索

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright© 2013 アドセンス実践会 All Rights Reserved.