アドセンスでクリックされやすいサイズ

アドセンスは広告をクリックされて初めて収入になるわけですから、できるだけクリック率が高くなるようにしたいものですね。

クリック率が高ければ、アクセス数が同じでもトータルの報酬額が高くなります。今回はクリック率が高くなる広告サイズ(大きさ)についてお話したいと思います。

サイズによってクリック率が違う

ホームページに貼るアドセンスのサイズによって、クリックされやすいか否かが異なります。つまりクリックされやすいサイズと、クリックされにくいサイズが存在するのです。ですから、できるだけクリックされやすいサイズを選択してホームページに貼ることが、収益アップの重要なポイントになります。

まずアドセンスにはサイズが、テキスト広告だけをみても12種類あります。
※サイズの種類を確認したい場合は、管理画面の「広告の種類とサイズの例を表示」から確認できます。
size

クリックされやすい広告サイズベスト5

●レクタングル(大)、レクタングル(中)
レクタングル

レクタングルはクリックされやすいサイズとして有名で、最近ではレクタングル(中)の需要が高まってきているようです。ホームページのサイドに表示させたり、コンテンツの直下に配置することで成果が上がりやすいです。

●ビッグバナー
ビッグバナー

横長で最も大きいサイズであるビッグバナーはサイト上部に配置することで、サイトの一部分として溶け込みます。

●スカイスクレイパー、ワイドスカイスクレイパー
スカイスクレイパー

縦長のスカイスクレイパーはホームページサイドに配置するもので、意外にクリックされやすいサイズです。ワイドスカイスクレイパーの方が成果が上がりやすい場合が多い。

サイトのコンテンツや構成によって成果が上がりやすいサイズは異なります。上記のサイズをベースに、全てのサイズの中からどのサイズが最も成果が上がるかを随時検証していきましょう!

サイト内検索

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright© 2013 アドセンス実践会 All Rights Reserved.